素敵側の人間になりたい

どこにでもいる人畜無害な人間です。

学歴コンプレックスをこじらせた女の読書

私は 自虐エッセイと呼ばれるジャンルの読み物が大好きだ。
穂村弘三浦しをん、ジェーン・スーなどの作家が、
エッセイの新刊を出すと、とりあえず購入して、読みふける。
読んでいる最中は、(ふふ、私と同じで駄目人間だなぁ~)と
共感しながら読むのだけれど、 ああ、楽しかったなぁ、と本を閉じた後、とある事実を思い出し、ハッとしてしまうのである。
穂村弘上智大学卒だし、 三浦しをん早稲田大学卒、ジェーン・スーはフェリス女学院大学卒で、全然ダメ人間ではない。Fラン大卒の私とは全く違うのだ。
何も得することなどないのに、面白いエッセイを書く作家を見つけると、ついついwikipediaで学歴を検索してしまうのはなぜなのか。
そんな自問自答を何度も繰り返しているが、やはり、自虐エッセイを読むのが好きなので、もう、「駄目人間を演出しているが駄目じゃない人間」が好き、という性癖なのだろう。